1day講座でのzoomの使い方について

このページを読んでも、よくわからなければ、zoomの当日の講座用URL(下記の③)をクリックすると、アプリケーションのインストール画面が表示されますので、指示どおりにに進んでください。インストール後の画面はミーティングが開始されていない表示になりますが、当日はきちんと表示されます。

会員の参加は無料ですが、「【公開ページ】2021年度試験対策オンライン1day講座(7/25)の開催について」のページのコメント欄に参加意思表明をしてもらっています。参加意思表明をしていなくても③のURLにアクセスすれば参加できますが、できるだけ、参加意思表明していただければと思います。

ズームを使ったことがある人は、いつも通り使ってください

  • マイクやカメラがない場合でも参加できますので、新たに機材等を用意する必要はありません。
  • 基本的に、チャット機能とリアクション機能を使用します(終了後の相談会で使いたい場合は設定しても構いません)
  • zoomに接続すると「このミーティングは録画されています」と表示されるので「Got it」などの了解ボタンをクリックしてください
  • 音が出るか確認してください…「コンピュータオーディオのテスト」…音が出ない場合はスピーカーを切り替えてください

初心者向けのzoomの設定の解説を作ろうと思いましたが、ボリュームが多くなるので、各自で設定してください。直感的に作業すればできます。他の解説サイトを見てもいいですが、結構分かりにくかったりします。今回は、マイクもビデオも使わないので、とりあえず、主催者の画面と音だけが聞こえれば大丈夫です。

ウインドウズ自体のセキュリティ設定でマイクとカメラをオフにしていると、うまく使えない場合があります。その場合は、「デスクトップ画面右クリック⇒個人用設定⇒ホーム⇒プライバシー」でカメラとマイクの設定を確認してください。

zoomのインストール

ミーティング用Zoomクライアント
最初にZoomミーティングを開始または参加されるときに、ウェブブラウザのクライアントが自動的にダウンロードされます。ここから手動でダウンロードすることもできます。
ダウンロード バージョン 5.7.3 (745) (32 ビット)

https://zoom.us/download#client_4meeting
  • 前からzoomを使っている人は最新版に更新しておいてください(アカウントの画面の右上をクリックして更新を確認)

今回の設定

  1. 名前は変更できますので、実名ではなく、ハンドルネーム等にしておいてください(実名でも構いませんが)
    ※主催者側の設定によっては変更できない設定もありますが、今回は変更できます
  2. zoomに入った時は、待機室を待たずに、直接、入室するようにしています
    ※主催者が入室していない時は、入れません
    ※9時ぐらいには入れるようにします
  3. zoomに入った時は、ミュート(マイクとビデオ・顔)にしています ※ミュートになっていなければミュートにしてください
    ※ミュートとは、マイク機能とビデオ機能をオフにすることです。左下のマイクとビデオに斜線が入っている状態がミュートです
  4. zoom中も、基本的にマイクとビデオは強制ミュートにしていますので、参加者がミュート解除しようとしてもできません
  5. したがって、参加者のビデオ画面は黒バックに名前だけが表示されています(カメラを使用してビデオをオンにすれば顔が映る)
  6. 画面共有も参加者はできません
  7. チャット機能は使用できますので、何かあった場合は、チャットに書き込んでください
  8. リアクション機能で管理人からの質問等に答えていただきます

(重要)画面の表示設定

右上の画面切り替えボタンで、「スピーカービュー」と「ギャラリービュー」が選択できますが、「スピーカービュー」を選択しておいてください。その場合、画面の上部、もしくは右側に、参加者の名前の画面がずらっと並びますので、最小画面にするなど邪魔にならないように調整してください

ちなみに、スピーカービューにすると、モニターの大きさにもよりますが、参加者が画面分割で並びます(スマホの場合は左右スクロール)

画面下部にツールバーが表示されていない場合は、マウスを近づければ表示されます(通常は消えています)(スマホの場合は画面をタップ。)

7/25の1day講座に向けて、zoom視聴の準備をしておいてください

zoomはアカウントを取得しなくても、使えますが、アカウントを取得して事前に設定をしておくとスムーズです

アプリケーションをインストールすることをおすすめしますが、PCの場合はあぷりけーしょんおインストールをしなくてもブラウザから参加できます(ただし、機能制限があります)

スマホやタブレットは必ずアプリをインストールする必要があります。通常のアプリのインストール方法と同じように。「zoom」を検索してインストールしてください。インストール中に「マイク」「カメラ」の許可を求められますので、基本的には許可にしておいてください

ノートパソコンやスマホからの音質が悪い場合は、イヤホン。ヘッドホン。外部スピーカー等を使用してください。

zoomを使うさまざまな方法

  • zoomのアプリケーションをインストールして利用する方法(推奨)
    …初めて使うときにアプリのダウンロードとインストール作業が必要なので事前にしておいた方が当日慌てない
  • zoomのアプリケーションをインストールせずに利用する方法
  • zoomのアカウントを取得せずに利用する方法
  • zoomのアカウントを取得する方法

①zoomのアカウントを取得せずに利用する方法

あらかじめお知らせしているzoomのミーティング用のリンクをクリックする

  • ブラウザで利用するミーティング用のURLをクリックすると、アプリケーションの「Zoom Meetings」を開きますか?とポップアップ表示が出るので、通常はアプリケーションで「Zoom Meetingsを開く」をクリックする ※
  • 「zoom.usでこのタイプのリンクは常に関連付けられたアプリで開く」のチェックは外しておいてもいい ※以前にチェックしている場合はポップアップは出ず、zoomのアプリケーションが開く
  • 通常は「Zoom Meetingsを開く」をクリックする ※アプリケーションではなく、ブラウザでつなぎたいときは「キャンセル」をクリック
  • zoomのアプリケーションが開く

クロム等のブラウザで利用する

  • さきほどの「※アプリケーションではなく、ブラウザでつなぎたいときは「キャンセル」をクリック
  • 画面の下部の方の「Zoomクライアントで問題が発生していますか? ブラウザから参加してください」の「ブラウザから参加してください」リンクをクリックする
  • 「zoom.us」が次の許可を求めています、として「マイクを使用する」「カメラを使用する」の「許可」か「ブロック」の選択ポップアップが出るので、今回の講座の場合はどちらでもよいので好みで選択する(後からでも変更可能)
  • お名前は、実名を書かないようにハンドルネーム等にする ※記憶もチェックはオフでよい
  • Chrome、Firefox、Edgeが対応しているが、ブラウザ接続がうまくいかない場合もあります。

接続した後

管理人が配信準備起動していなければ「そのミーティングはまだ開始されていません」と表示されます。準備ができると自動的に接続されます。

オーディオのテスト

  • 「コンピューターでオーディオに参加」「コンピュータオーディオのテスト」がポップアップさる
  • 「コンピュータオーディオのテスト」をして音声が流れるか確認して流れなかったらスピーカーをクリックして他のスピーカーに変更する。次いでマイクのテストがあるが、話をしてみて数秒遅れて話した言葉がスピーカーから出力されればOK。されなければ、マイクを変更してみる。
  • なお、当日は基本的にマイクを使ってもらうことはないので、マイクを使用しなくてもよい(16:30からの相談会に必要であれば設定しておく)

録画への了解

「このミーティングは録画されています」と表示されるので「Got it」などの了解ボタンをクリックする。

zoomのインストール

  • zoomへの参加はアカウントを取得しなくても可能ですが、アカウントを取得しておけば、事前に設定等を確認できますので、アカウントを取得しておいてもいいのではないかと思います。
  • メールアドレスだけあれば、あとは適当にアカウントを作成してください
  • 名前も「AA」など適当にしておけばいいです
  • 名前は起動時に、登録している名前が表示されますが、その後、変更することができます。