消費生活専門相談員資格試験の勉強部屋 https://soudanshiken.jp

 ※【取扱注意】この資料は⼀般公開分を除き会員限定です(再配布禁止・終了後も含む) 

2021年度(令和3年度)試験対策気づきメモ(最近の消費者問題)※随時更新(今のところ一般公開)

ベビーガードの製造物責任について損害賠償を提訴

製造物責任法は民法の特別法で、欠陥の存在と被害との因果関係が証明されれば、損害賠償が認められます。
今回は、構造上の欠陥と表示上の欠陥を指摘しています。

乳児死亡 両親9000万円提訴 転落防止ガード「危険性知って」•2021/02/12

詳しい記事は産経新聞

給与ファクタリングは貸金業

件数も上がってきましたので1つの社会問題になってきました。

問題2または3の最近の消費者問題に出題するにはポイントが少なすぎるのですが、貸金3法の分野も含めて、今後も覚えておくべきキーワードです。

https://www.sankei.com/affairs/news/210209/afr2102090027-n1.html

会員外の受験生に向けた長文ツイートの保存版

「論文対策」(2021/1/31)

消費生活相談員試験の合格者から、論文の取り組みについて貴重でリアルなコメントをいただきましたので、がっつり記事にする予定です

論文試験で何回も不合格になっているなら、私がいうのもなんですが、絶対に勉強部屋の会員になることをおすすめします

相談員試験の論文の特徴を知って、評価基準に合致する論文を書く必要がありますが、それが何かわかっていないと、いつまでも論文で合格できません

勉強部屋では、何が必要かをすべて解説しています

また、どこの講座もやっていないレベルのありえない論文添削もしています

現職無資格相談員や有資格再受験現職相談員など、この試験にどうしても合格したい人がいます

そういう受験者には絶対に合格してほしいと思ってます

いつまでも、ぐずぐずするような試験ではないです

スイーツに投資するのではなく必要なことに投資しましょう

論文試験の2つのテーマは、私が名付けていますが、「行政問題」と「法律問題」に大きく分けられており、それぞれ書き方のコツがあります

行政問題は現職相談員向けです

新試験になってから一般の受験生でも書けそうな行政問題が出ていますが、書きやすそうだからといって安易に行政問題を選択すると失敗することがあります

その理由を知ってください

私が思っていることが間違いないことを、合格した会員からの論文勉強のコメントで確信しました

特に、消費者行政のあり方・役割・課題が問われる行政問題は、相談現場を知っているか知らないかの差は大きいです

そういうことで、2/1から勉強部屋2021スタートします

ツイートを5個つなげてしまいました

「過去問対策あるある」(2021/1/5)

【1/5のツイッターのつぶやき】消費生活相談員の試験対策として、過去問対策が重要だということは理解していると思いますが、単純に過去問を繰り返して正解率が上がったとしても、それは解答を覚えているだけで、本番では正解できない「あるある失敗話」。重要なのは、「なぜ、その解答になるのか?」「なぜ正しくて、なぜ誤っているのか」ということを理解したうえで正解率を上げること。ところが、その解答の理由を調べるのに膨大な時間がかかります。調べる時間を「ゼロ」にするのが勉強部屋の過去問解説になります。したがって、すでに調べた理由の解説を「読んで、理解して、覚える」ことに集中できます。しかも、過去問10年分がそろっています。時間対効果を考えると抜群なコストパフォーマンス。なかなか合格できなくて悩んでいる受験生は勉強部屋を参考にしてください。

プラスチック新法2022年4月施行を目標 ※2021年度試験では範囲外(公布されたら概要が出題)

【ANN】プラスチック新法制定へ ハンガーは資源として回収(2021年1月29日)•2021/01/29

バックナンバー

【バックナンバー】2020年度(令和2年度)試験対策気づきメモ(最近の消費者問題)

【バックナンバー】2019年度(令和元年度)試験対策気づきメモ(最近の消費者問題)