2021年度試験の相談員試験の合格者の声です

報告形式

下記の形式で報告いただいてますが、このまま掲載する場合と一部抜粋して掲載する場合とがあります(⑥2次試験の体験談の具体的な詳細は別途2次試験対策にまとめて会員限定での提供しています)

①合格か不合格か
②1次択一試験の確定点数
③1次論文試験の確定点数・選択テーマ番号・手ごたえと点数の感想(特にテーマ1テーマ2をどのような視点、行政的か法律的か、で書いたか。またアドバイスも)
④勉強部屋で学んだ感想やコメント(どのようにして勉強したか、過去問解説をはじめとして、論文添削・動画解説・オンライン勉強会についても)
⑤2022年度受験者の勉強部屋入会へのおすすめコメント(④と合体させてもOK)
⑥2次試験(面接試験)の内容・感想(報告がまだの場合は、ここでコメントしていただいてもOKです)
⑦そのほか何かあれば
※個人が特定されない範囲で活用させていただきます
(公表不可の項目がある場合はその旨記入してください)

※「⑥2次試験(面接試験)の内容・感想」については「2次試験 面接体験報告(会員限定)」にまとめています

合格者の声(紹介しているのは報告があった一部の合格者です)

管理人様。回数を重ねようやく合格を貰えました。勉強部屋でのアドバイスが力になりました。感謝です。

管理人様
二次試験免除で一次試験合格しました。論文が非常に不安でしたが、論文講座のおかげで
なんとかなりました。今までありがとうございました。就活頑張ります。

管理人様
先程通知が届きました〜!
見るのが怖かったんですが、合格しましたー♪♪♪
2回目受験、管理人様のおかげです。

管理人さま
やっと合格致しました。ありがとうございました。
勉強部屋のズームの勉強は全て参加させていただきました。
論文は自信なくてぎりぎり合格だったのかと思います。
勉強場所探しに困難しましたが、最後は自動車の中で集中して取組みました。
何度も落ちてます。今回だめだった方、諦めないで下さい。努力したらきっと報われる日がきます。

管理人さま
合格しました。
昨年 不合格の後 合格した友人から勉強部屋を紹介して頂き、入会しました。
当日 論文がうまく書けずに 試験管の終了15分前のアナウンスに泣き出しそうでした。とにかく1,000字になるようにしがみつき、何を書いたのか覚えていません。ギリギリの点数だと思います。
管理人様の時々は吹き出しそうな動画を聞きながら、力を頂きました。
ありがとうございました。

管理人様
日曜日、終日家を空けていたため、子供が受け取ったようで今朝ハガキを発見しました。
合格していました!
去年は独学で択一試験の点数足らずに不合格だったので、勉強部屋赤松先生のおかげです。
二次試験は免除です。ありがとうございました。

管理人様
昨年不合格でしたので、今年の受験はとても悩みました。
しかし、管理人様の励ましや皆様のお陰で何とか合格できました。
はがきは先月末に届いていましたが、見るのが怖く、今日見て合格が分かりました。
今年、不合格の方も私のようにあきらめないで来年も目指してください。応援しています!

今年やっと合格した者です
昨年、全相協の講座と勉強部屋と2つ併せて勉強しました。夜はどちらかの講座を聞きながら電気をつけたまま、スマホ握って毎日のように寝落ちして朝4時位にハッとして勉強してまた寝ることを繰り返して、常に寝不足で集中できなかったです。結果落ちました。
今年はアドバイザーの講座を選択し資料を利用させていただきました。
勉強は勉強部屋メインで、ズームの勉強会は全て参加しました。
勉強部屋のズームの勉強会は、自分だけ勉強してるだけじゃない。こんなに勉強会の仲間の人がいるとモチベーションがアップして良かったです。

今年、全相協さんの講座がどうだったかわからないですが、去年の講座は長すぎて(すみません)眠かった。
やっぱり、過去問を教えてくれる勉強会が合格には近道。
膨大な勉強会の資料情報。あれどこにあったっけ?って探して時間が過ぎていくこともあったけれど、〇〇はどこに書かれてますかって先生に問い合わせるとどこに書かれているか教えてもらえました。
明けない夜はないので、今年だめだった方応援してます

①合格
②125点(自己採点124点)と65点
③18。20。全問正解
穴埋めで点数が取れた感じてす
論文はテーマ2を選択。勉強部屋で勉強した改正消費者契約法を自分なりに書きました。サンドイッチ方式で。65点を取りにいき65点だったので○かな。
今年オンライン勉強会あって本当によかった。他の仕事されてる先生が、私達の為にがんばってくれてる感が伝わってきて、頑張らないとと思った。
⑤勉強部屋に一日でも早く入って勉強を効率的にしたほうがいいと思います。毎日の暮らしの中の隙間時間にできます。
⑥2次は現職なので免除申請しました。在職の人は在職証明もらって2次免除してもらったほうが、仕事もしんどいから楽だと思います。
その他:今回合格したけれど、勉強していないとこが出題されてたら来年も受験しないといけなかったと思います。
資格取っても給料は上がりませんが、資格はあって困るものではない。採用の時に資格者と無資格者なら資格者が選ばれる。
再度受験のかた、勉強部屋で勉強して来年きっと合格できますようにと願ってます。

①合格
②択一 127点(自己採点123)
③論文2 80点(驚き)
④私はお手本論文を書き写すだけでは、頭に入りませんでした。お手本やテキストから指定語句の説明を抜き出す、そして指定語句だけ見て書き出す練習、この2点をひたすらしました。
「指定語句→消費者教育→相談員として」の構成を心がけました。
論文前半は対策できていたので、しっかり書けていたかもしれませんが、成年後見制度が酷く、「判断力の低下する前に決めておくことで、いざ、判断力が低下した時には、成年後見人が被成年後見人に代わって、契約の取り消しなどを行うことができる」
はっきり覚えていませんが、↑みたいなことを書いたので、頭の中で法定後見制度と任意後見制度が混ざり、なおかつ、「被成年後見人」と書いてしまったり、60点あるかないかと怯えていましたが、まさかの80点でした。採点甘めですね。
⑤オンライン勉強会は全く異なる境遇の方々と共に勉強できる楽しさ、皆さんの頑張りに励まされました。
⑦そのほか
H30度に初めて資格を知り、書店にはアドバイザー資格の対策本しかなく、それを買ったが、範囲も幅広く途方に暮れ、試験も全くできませんでした。
その後、ファイナンシャルプランナーの講演を聞く機会があり、試験範囲も消費生活と一部重なることを知り、まずはファイナンシャルプランナーの資格から始め、3級、2級と取得し、R3に再び、消費生活の勉強に戻りました。
参考書が豊富で、無料解説動画、過去問解説も豊富なファイナンシャルプランナーと比べ、消費生活相談員資格は書店、ネット等の情報もほぼ無く、独学での勉強は不可能と感じました。他の通信教育も調べましたが、特に過去問の解説がほしい私は勉強部屋の会員になることを決めました。
担い手事業も受講しました。スタートも遅い上に、動画も随時配信で遅い。内容も相談員の研修動画のような内容で、1次試験前には見る暇もなく、管理人さんを信じて、過去問と、サンドイッチ方式小論文をひたすらしました。(担い手事業は、相談員資格のテキストを入手できたのが良かった。ポイント等を書き込めるから。)

①合格
②137点
③85点 テーマ2を選びました。勉強部屋管理人様のアドバイス通り、消費者契約法の取消類型について書けるように練習をしていたので、迷わず選びました。ただ後見人制度については触れる程度でしか書けませんでした。
④勉強時間がとにかくなかったので、過去問解説の動画を1.5倍速で聞き、間違った問題を何度も見返しました。動画を見るのはあまり好きなほうではないのですが、過去3回択一試験110点台で不合格だったので、管理人様の動画を見て、合格点数に辿りつくにはテクニックしかないと思い、何度も過去5年間分解きました。論文は大の苦手で、文字を埋めることが一番問題だったので、ひたすらお手本になる論文を書き写し、最後はキーワードになるであろう語句について、100字くらいで書けるように練習しました。ただただ忠実に序文・本論・結論で構成し、キーワードを順番に使って合格できる論文にすることに徹しました。
⑤自分に合ったコンテンツが勉強部屋にはあると思いますので、十分活用してほしいと思います。
⑥アドバイザー資格保有者なので、免除です。

消費生活センター相談員3年目、他にも子育てと家事をすべて一人でやっているので、1日30分の勉強時間を確保するのも大変でした。結果3回不合格になり、今度こそはと勉強部屋に入会しました。まさかこんな点数で合格できるなんて、予想外でした。過去問解説動画を1.5倍速で聞いたことが、結果的に本番でもその速度で問題を読むことができたので、択一試験が苦手な方にはオススメです。論文は本当に苦手で、相談業務で相談者に経緯書を書いてもらうにもアドバイスができないほどですが、なんとか合格することができました。
管理人様、この場をお借りして、本当にありがとうございました。

78歳 高齢受験者からの報告です。
① 合格
② 訳一試験 117点 65%でした。
③ 論文試験 70点 テーマは2を選択しました。
  指導を思い出し、序文・本論は5つのテーマごとに・結論でまとめ、とにかく苦手だった論文を
  管理人さんの指導の下、克服でき合格に繋がりました。
④ 79歳、高齢の苦手は暗記問題にとても苦労しました。過去問5年分を問題と管理人さんの的確な動画を復習しました。
  また、月に1-2回は過去問を本番同様の形式で行い、間違い個所を重点的に復習しました。
⑤ 動画解説が非常に有効だったと思います。時間との戦いの中で勉強部屋ならではの効率的な動画が合格に大きく役立ちました。

 今回2回目の受験で今年こそはと思い、早い段階で勉強部屋に申し込み(おそらく1番早いかも)、合格答案の知識を賜り感謝しています。
 有り難うございました。管理人様の言葉を信じ、勉強部屋で仲間との情報交換は合格の早道と身をもって体験いたしました。

①合格
②択一試験 117点 
③論文  65点
結果はギリギリで、アドバイスなどとてもおこがましいのですが、参考になれば幸いです。

論文はテーマ2を選びました。テーマ1は、恐らく論文の内容にボリュームが出ない様な気がしたのと、高齢者や若者のトラブルを中心に勉強していたこともあり迷わず2にしました。
勉強方法は、過去3年分くらい遡って、会員の方の論文添削を参考に、ひたすら書き写し、またテーマごとに論文のマイノートに貼り付け、いつでも確認できるようにしました。わたしはすぐに怠けてしまうタイプなので、見返す際にストレスなく勉強に向かえるよう、ノートの字は出来るだけ綺麗に、見やすく心掛けて作りました。

④ ⑤
お恥ずかしいところ、実は6回目の挑戦です。
勉強部屋に入会したのは、3年前?かな?
一人で勉強しているのとは違って、他の会員の方の存在を感じることも心強かったですし、直近での法律の改正や、様々な情報が得られることがとても有難かったです。
また動画解説は、仕事と家庭を両立しながら限られた時間の中での勉強でしたので、1.5倍にして、早朝の頭に入りやすい時間に見て勉強しました。
 
管理人様、本当にありがとうございました。

一般の受験生の初めての挑戦で、合格することができました!
一発合格をゲットできたのは、管理人様と勉強部屋のおかげです。本当にありがとうございました。
 
 勉強部屋のコンテンツを活用して地道に努力を重ねれば、現職の消費生活相談員でなくても、消費生活相談員としての勤務経験がゼロでも、一般の受験生の初めての挑戦でも、必ず合格できます。強調させていただきたいのは、ワタクシは運が良くて合格したのではありませんし、そのようには絶対に思っておりません。「合格者は不合格者の努力をさらに上回る努力をしている。」勉強部屋のコンテンツを充分に活用して、約7ケ月間でそれを体現したのがワタクシである、と自信をもって言わせていただきます。
①合格
②131点(自己採点 131点)
③80点(勉強部屋の再現論文の評価 55〜65点又は60〜70点)
 再現論文を提出し、管理人様に添削していただいております。よろしければ参考にしてくださいね。(10月22日 テーマ2 改正消費者契約法 ID31)
④一般の受験生の初めての挑戦でしたので、最初は何の予備知識も無い状態でした。勉強部屋に出会わなければ、過去問対策をせずにテキスト学習に終始し、挫折していたと思います。入会は2月上旬で、本格的に学習を開始したのは、3月20日(土)からです。
【択一試験対策の学習方法】
 過去問を平成28年度試験まで遡りました。よって、6試験分です。「通し模擬試験」「大問題ごとの学習」「再度の通し模擬試験」を4周しました。4周目には、6試験それぞれの正解率を85%~90%と高水準で安定させることができました。
 ワタクシは、時効の期間については、まったく暗記をしませんでした。出題される確率や、暗記をしても本番で忘れてしまう可能性を考えますと、暗記をすることにメリットを感じず、学習における優先順位は低いと判断したからです。こういった割り切りや取捨選択も、消費生活相談員試験においては大事だと思います。
【論文試験対策の学習方法】
 「序論」「本論(指定語句のサンドイッチでブロックづくり)」「結論(文字数調整の定型文)」という論文構成の考え方を充分に理解して、管理人様に提出した添削論文に合格をいただいた後は、過去問の模範論文を自分が本番で再現できるようにアレンジをし、アレンジをした論文の中から12本をセレクトして、それぞれを10回、視写しました。結果、合計で140~150本の論文を、作成又は視写しました。さらに、改正消費者契約法が勉強部屋の重点テーマでしたので、ウェブ版国民生活2019年9月号に掲載の消費者問題アラカルト「2018年改正消費者契約法の概要とポイント」を10回、視写しました。
 論文対策の学習では、論文構成の考え方を充分に学習して理解したうえで、理想論を書くことが大事です。ワタクシのように初めて受験する一般の受験生には、相談現場の状況がわかるわけがありません。青臭いような、歯の浮くような理想論を書くクセを身に着けると、論文の内容は自然にポジティブなものになると思います。そのためには、勉強部屋の模範論文を自分が本番で書けるようにアレンジして、粘り強く視写することが大切です。
管理人様と勉強部屋の存在が無ければ、一般の受験生の初めての挑戦での合格は、あり得なかったです。試験に合格するための良い意味で割り切った指導方法、経験に基づいた知識と長年の経験による動画解説等の豊富なコンテンツ、会員専用掲示板における質問等への素早い対応、ZOOM生配信の勉強会等、本当に良い環境で学習をさせていただきました。お世辞抜きで、この内容でこの会費は安すぎるのではないかと思います。逆に言えば、勉強部屋での学習に当たっては、会費が安いと感じ取れるくらいに、豊富なコンテンツを徹底的に活用することが大切です。

 ご承知のとおり、この消費生活相談員の試験の評価は、大学受験のような相対的な評価ではなく、合否のボーダーラインが公表されている絶対的な評価ですので、勉強量がそのまま結果として必ず返ってきます。仕事や家事等の事情で、日常的な学習時間の確保が困難な場合は、逆算して早期に学習に着手して、トータルの学習時間を確保することが必要です。ワタクシは3月20日(土)から開始しましたが、夏場は暑さによる疲労でテンションが下がり、学習が計画どおりに進まず、9月下旬に少し焦りました。

①合格
②126点(怖くて自己採点できませんでした…)
③60点
テーマ2を迷わず選択。
論文は苦手なので、良い論文を書こうと思わず60点の論文を目指し、自分なりに法律的視点で書く事ができたのは管理人様のおかげだと思います。
④2回目の受験ですが、去年は色々と手を出しすぎて勉強部屋を活用できませんでした。今年は勉強部屋一本に絞り、学習の進め方からもう一度見直しました。コンテンツの全体を把握すること、過去6年分を遡り過去問を繰り返し解きました。試験1週間前には、本番通りの時間、マスク着用で模擬試験を行いました。動画解説は家事をしながら、お風呂に入りながら、もはや生活の一部でした。なので、今は少し◯◯ロスです。笑
勉強部屋一本に絞り、とにかく早く勉強を始めることをお勧めします。勇気がある方は論文添削も活用して下さい。(私は勇気が全くでませんでした…笑)

①合格
②択一試験 119点
③論文 65点 テーマ2を選びました。択一試験も論文もギリギリで合格したようです。
④過去問をH28年度まで遡り一周した後、時間がなかったので論文対策に入りましたが、最初はお手本論文をいくつ書き写しても自分では書くことができなかったのですが、動画解説を何回も繰り返し見て勉強しているうちに、論文の構成や指定語句の説明が頭の中でうかぶようになり、試験直前でどうにか自分なりに書けるようになりました。
動画解説は時間さえあれば、いつでも見れるのでとても良かったと思います。

管理人さま、本当にありがとうございました。

①合格
②122点
③80点 選択テーマ番号2
④2年目の受験でした。1年目 過去問を何回も解きすぎて 問題を覚えてしまうという結果になり、本番では114点で不合格でした。今回、勉強部屋の管理人さまの動画解説等でよく理解できました。
論文は自身ではなかなか書けずに ただひたすら人様のを写しました。
選択テーマは躊躇なく2を選択。
いけると思ったのですが、何回も何回も書いては消し書いては消しと、上手く書けずに1,000字までいかずに、試験時間残り15分に泣き叫びそうでした。1,000字は絶対にと震えながら絞りだし書きました。終わった後はショックで試験会場9階から階段で降りて帰ったしだいです。
結果 まさかの80点 
前半部分が具体的な事例を上手く書けてたのだと思われます。
勉強部屋のおかげです。
本当にありがとうございました。

①合格しました
②135点
③70点 選択テーマ2
勉強部屋での勉強のとおり、指定語句を膨らませてく方法で書きました。
最後字数が足らずセンターの役割を無理やり書き足しましたがどうにか合格点に達していました。
④何度も動画解説を見て聞いてを繰り返しました。過去問も過去5年を5回ほど解きました。
何度もチャレンジしている方ぜひ勉強部屋をお勧めします。
 恥ずかしながら3回独学で落ちています。4回目最後の頼みで入会しました。
 入会して本当によかったです。
管理人さまさまのおかげです。ありがとうございました。
⑥消費生活センター関連業務に従事しているので面接は免除でした。
本当にありがとうございました。

① 合格
② 146点
新試験となった平成28年度以降の5年・6回分の過去問を勉強部屋の過去問解説と動画を中心に反復学習しました。過去問解説の読み込みには多少時間がかかりましたが、内容理解に役立ちました。
③  60点 (テーマ2)
準備不足の失敗論文でした。成年後見制度の語句説明があやふやな記憶であったため、特に論文の後半に使用する構成が思い浮かばず30分程論文構成であたふたとしました。誤った記載は減点になるとのご指摘を思い出し、曖昧な部分は用語としての使用に留めました。結果、法律説明は不十分であるが、間違いでは無い論文としてギリギリ及第点をいただいたと思います。
④⑤
消費生活アドバイザーの資格保有者ですが、アドバイザー試験が幅広く、タイムリーな時事知識が求められるのに対し、消費生活相談員資格試験は、法律知識の多面的理解や常識力が求められるように思いました。
消費生活相談員試験の選択・正誤式試験は管理人さんがおっしゃる通り、過去問中心の学習が有効で無駄がないと実感しました。動画解説で概要理解後は、過去問解説に早く着手すべきですね。(6回分は結構ボリュームがありました)
論文失敗者でコメントできる出来る立場にありませんが、他の方の論文が多数読めるコンテンツは珍しく、本当に参考になりました。個人的には指定語句の練習をもう少し、こつこつとすべきであったと思います。学習時に何度も出てくる用語ですが、いざ本番となると中々書けないものですね。

①合格
②128点(自己採点129点)
③85点 選択テーマ番号2 手ごたえは管理人様から学んだセオリー通りに書き切ったと達成感がありました。法律的にこれだけ私は知識がありますよと必死で絞り出して書きました(今は忘れております汗)。そして一つの指定語句に対し、せめて8行〜9行以上は書こうと心がけ、序論本論結論を明確にし、素直にやる気満々キラキラした感じで書きました。
ところが後日、障がいを持っている方の内容には全く触れず高齢者のみの論点で最後まで突っ走って書いた事に気づき青くなりました。60点で合格でありますようにと、ずっと祈っていた状態でした。
④勉強部屋で学んだ感想やコメント
択一式は時間さえあれば、コツコツ地道に過去問を何度もやれば何とかなる気がします。2倍速で聴きました。zoomの勉強会で管理人様の声が穏やかで安心しました。
特に、私にとって論文がネックであり毎晩夢でうなされておりました。このために入会したようなものです。管理人様の厳しい添削は私にとって効果的でした。一度目は国の事業の論文添削を提出しそびれ、管理人様に添削してもらったところ、課題の意図と私の書いている内容に大きなズレがある事、句読点の打ち方が変、一つの文章が細切れ状態、同じような内容の文章が前半と後半に別れて書いてあるのでまとめて書いた方が良い等のアドバイスを頂き、なんとか矯正につとめました。
とにかく論文を読んで頂いて、ボロクソに評価してもらったほうが良いです。
⑤2022年度受験者の勉強部屋入会へのおすすめコメント
やはり論文講座は素晴らしいです。出そうなところを予想していただけるし、添削もしていただける。過去の優秀な方の論文を書き写して勉強できる。課題1と課題2の違いや、指定語句の意味を詳しく解説して頂ける。相手の意図(論文の出題者)を分析して教えていただける。
⑥2次試験は過去に相談員経験者なので免除です。

①合格
②123点
③90点 テーマ2 自信がないのをごまかしつつ、文章を膨らませて何とか書ききった感じです。点数には驚きました。何しろ自宅では一字も書けず、自己嫌悪の塊でしたから。管理人様から、書けない人は過去の添削論文を書き写したり、読むだけでもいいとアドバイスがありましたので、ひたすら書き写しながら感覚をつかんでいきました。ぶっつけ本番で書けるか不安でしたが、火事場の馬鹿力で書きました。近日中に再現論文を管理人様に提出させて頂こうと思っております。
④20年以上前に消費生活アドバイザーを取得し、消費生活センターで働いておりますが、相談業務ではないので免除対象外です。国家資格を取りたいのに重い腰はなかなか上がらず、勉強を始めたのはオリンピックが終わった8月中旬から。すぐに自力では無理と悟り、こちらにたどり着きました。
管理人様のアドバイスに従い、まずは過去問を。2018~2020年までの4回分の過去問を2回ずつやりました。専用のノートを作り、間違えた問題の解説をノートに書きこみ、通勤時や昼休みに見るようにしました。
管理人様の優しいお人柄が解説ににじみ出てるので親近感がわき、勉強は楽しく分かりやすかったです。1次択一、論文、面接、すべての対策を教えて下さるので、至れり尽くせりでした。豊富な過去問解説は圧巻です。合格への最短ルートとして自信をもってオススメします!

2次試験(品川)のアドバイスです。私の面接は13時からでした。12時15分に着いたら建物内に入れてもらえず(トイレは貸してもらえます)、外で待つように言われ、スカートだったので足元から冷えて、面接の時は体が芯から冷え切ってしまいました。13時は午後いちのようです。早めにいかないことをオススメします。
2次試験に関しては、直前のオンライン勉強会でイメージがつかめて助かりました。
管理人様がいらっしゃらなかったら私は合格しておりません。心から感謝しております。ありがとうございました。

①合格
②130点
③80点 テーマ2
④⑤2回目の受験です。昨年も過去問をひたすら解き、勉強に費やす時間だけは多かったのですが、なぜ、この答えが〇なのか、×なのか、その根拠を調べるだけで膨大な時間がかかり、時間をかけた割には、納得できるような根拠を見つけることが出来ずにいました。論文については、何をどう書けば正解なのか分からず、今思えば、指定語句を入れ込んだ作文になっていたようです。昨年の11月の末に不合格通知を受け取った以降、毎日落ち込み、来年はどうしよう、そもそも自分には難しすぎる試験なのではないか、どうせまた受けても何年受けても受からないのではないか、など、うじうじとずっと考えていました。勉強部屋のことは1回目の試験のひと月前に知りました。入会しても受かる保証はありませんし、費用もかかるため悩みましたが、こんなにうじうじしているくらいなら入会しようと気持ちを切り替え、勉強するなら早めに入って毎日活用しようと思い、2月1日から勉強部屋で過去5年分の過去問のやり直しを始めました。動画や解説を読み込んでもわからないところは、管理人様に聞き、オンライン勉強会は、すべて参加しました。過去問勉強と並行し、4月から論文の書き写しを始め、6月からは過去5年間のテーマでどれを出されてもいいように自分なりの論文を時間内に書けるよう練習しました。勉強部屋で過去の会員様が書いたたくさんの論文を読めることは非常に勉強になりますし、書き写しを始めて自分が今まで書いていたものがどんなに稚拙であったか思い知りました。2次試験の面接についても、直前のオンライン勉強会や過去の会員様の事例報告からイメージを掴むことができ、本番はリラックスして臨むことが出来ました。勉強部屋がなければ、今年以降もずっと合格できずにいたと思います。これから入会をお考えの方には、ぜひとも早めに入会して毎日、勉強部屋のサイトを開いて活用することをお勧めします。早く入っても、遅く入っても費用は同じなので。

管理人様、本当にありがとうございました。勉強部屋に入っていなかったら、絶対に合格できませんでした。

① 合格出来ました。(現職相談員ですので2次は免除)
② 1次択一試験 117点(自己採点 118点)
③ 1次論文試験  70点  テーマ2を選択
選択・記載時の感触ですが、キーワードの一つに、成年後見制度がありました。
この説明で民法で言う制限行為能力者制度の中にある成年後見人等を思い浮かべてしまい、この点で、成年後見制度の説明が中途半端となっていたので、おそらく論文で失敗したと思っていました。結果確認をして、70点も取れていたことが判り、驚いた次第です。
④ 勉強部屋で得た感触とお勧め・メリット
択一試験結果点数、論文試験結果点数からして今回の合格は奇跡というべき内容だったと思います。
特に択一については、ボーダーライン点数であり、さらに一問でも落とせば合格はなかったことを考えるとやはり、管理人さんの懇切丁寧な過去問記述説明と択一試験の点数の取り方の指導が非常にありがたかったです。
択一試験終了時には、125点以上は取れる感触はあったのですが、自己採点では管理人さんがおっしゃっているケアレスミスが多くあり驚きました。
論文対策については、やはり論文の構成、まとめ方およびキーワードを核に200字~300字でそれぞれブロックをつくり、まとめていくやり方が、私にとって非常に役立ちました。予想テーマを挙げて皆さんの論文の添削等の解説も非常に参考になりました。
是非、消費生活相談員資格試験を考えられている方々にお勧めしたい勉強部屋です。

①合格
②136点
③70点 テーマ2

現役相談員の為に二次試験は免除でした。
平成30年に試験を受けましたが、論文で不合格になった経験があります。
今年、再度、かつ、最後の試験と決め8月末に論文会員登録致しました。
本番ではテーマの選択に悩み、2を選択してから、組み立てに30分は費やしました。周りの方々のカリカリの鉛筆音に焦りましたが、zoomの勉強会時に管理人様がカリカリ音が聞こえても気にしないようにとのアドバイスを思い出し、一気に書き上げました。

勉強部屋の会員となり、皆さまと学ぶことができたことに感謝致します。
また、管理人さまへ御礼申し上げます。
ありがとうございました。

点数の確認をいたしましたので、結果をご報告いたします。
①合格
②択一試験135点
③論文試験70点
論文試験は2を選択致しましたが、先日ご報告した通り不合格だと思い落ち込んでいました。夢の中でまで、あれこれ考え反省していました。発表まで、本当に辛い1か月でした。障害者、ぜい弱な消費者をどのように書いて良いか頭が混乱し、真っ白になりました。
結果として合格できたのでほっとしましたが、論理の展開に無理があったのではないかと今でも思っています。
論文で2回も不合格になりもう受験は諦めようと思っていましたが、管理人様からのアドバイスが思い当たることばかりで反省し、再度受験しようと決心しました。再挑戦し合格でき本当に良かったです。管理人様の論文対策のおかげです。

勉強部屋のおかげで合格できました。ありがとうございました。
1.合格
2.143点
3.90点 テーマ2
論文に苦手意識があり本格的に着手したのは8月からでした。勉強部屋で複数の論文を読み、同じテーマで書いてみましたが、なかなか書けず、管理人さんの言い回しを書き写すことも多かったです。「未成年者取消し」「消費者行政の在り方」を重点的に書いていましたが、「『脆弱な消費者』が気になる」という管理人さんのお言葉をきっかけに「高齢者被害」のテーマにも取り組んだところ、見事的中しました。90点は自分でも意外でしたが、「障害者」や「成年後見」の説明も書き足りなかったので、採点は勉強部屋の添削より甘めだと思います。
4.択一試験の勉強は過去問を1問ごとに勉強部屋のサイト解説を見て学習し、空いた時間に動画を見て知識の定着をはかりました。法的根拠の説明を含めた詳しい解説と重要ポイントを記憶に残るように話してくださる動画解説はとても助かりました。
5.勉強部屋は本当にお得です。入会時はそこそこのお値段かなと思いましたが、無料のオンライン勉強会までついていて想像以上でした。
6.「消費者相談を受けるにあたって気を付けることは何か」を聞かれました。事例は「『5年間で100万円の支払になる布団を販売されたが、支払をなしにしたい』と言われたらどうするか」でした。
7.最後まで親身になって指導してくださった管理人さん、ありがとうございました。それから、論文添削の事例を出してくださったみなさん、一緒に勉強してくださった会員のみなさん、ありがとうございました。

①合格
②135点
③75点 テーマ2
法律には苦手意識があったので、行政問題を選択するつもりで対策をしていました。ところが今年度はテーマ1の行政問題も製品事故について関連する法律を踏まえてと、法律に関して論じなければならず、問題用紙を見た瞬間、目の前が真っ暗になりました。テーマの内容からすると、テーマ2の方が書けそうだったので、仕方なく法律問題を選択しました。とても焦っていた上に、障がい者についてどう書くべきか迷ってしまい、書き始めるまでに時間がかかってしまいました。
 序論が長過ぎ、途中で文字数が足りなくなり、指定語句の成年後見制度については、「判断能力によって利用することができる成年後見制度」福祉等との連携については「障がい者は福祉等との連携が必要になる」としか書けませんでした。また、消費者教育については書き忘れました。改正消費者契約法については書けましたが、全体的に法律問題の論文にはほど遠い状態になりました。不合格だと思い込んでいたら、合格の通知が届き、60点ギリギリでの合格ではなく、75点で驚きました。採点基準がどこにあるのかわからない結果となりました。
④スマホやパソコンを見るだけでなく、過去5年分の過去問解説をプリントアウトして、勉強しました。平日は通勤の電車の中でスマホで勉強するくらいしか時間がとれなかったので、休日にプリントアウトしたものに線を引いたりしながら覚えました。
管理人さんの説明がわかりやすかったので、何回か繰り返すうちに、常に8割くらい点数がとれるようになりました。論文対策は、勉強部屋の添削論文を書き写したり、指定語句について書けるように覚えたりしました。勉強部屋には添削論文が沢山あるので、それを読むだけでも、どのような流れで論文を書くべきなのかイメージがつかめて良かったです。
勉強部屋は、管理人さんにわからない点を質問すると、詳しく解説していただけるので、最高の環境だと思います。
 管理人さん、本当にお世話になり、ありがとうございました。

①合格
②125点
③80点
苦しい勉強も管理人様の動画解説やZoomで楽しく取り組めました。
管理人様本当にありがとうございました。