1/31で継続手続きをしていない勉強部屋2022の会員のログインを無効にしました。勉強部屋2022で終了される会員の皆様ありがとうございました。リベンジされる方の継続手続き・合格された方の卒業会員の登録手続きは随時受け付けています。

2/1午前中に新規の月払い卒業会員の決済用のメールを送信しましたので、ご確認ください(もし間違っていたらお知らせください)※設定上、本日中となっていますが、本日でなくても大丈夫ですので早めに決済してください。必ずカード情報の保存にチェックを入れてください。

「勉強部屋2023」のメインの過去問解説は2/5から始まります。会員は過去のすべてのコンテンツが閲覧できます。勉強部屋は膨大な情報量となっています。新規会員はメニューバーの「学習の進め方」を確認してください。分からない場合は気軽にお問い合わせください。

勉強部屋の入会を検討している受験生・勉強部屋に初めて入会した受験生のみなさまへ

  • 最近の合格者の声を見てみると動画解説を中心に勉強をしている会員が多いようです。ある程度消費者行政のことを知っている人や一通り勉強した再チャレンジ組については動画解説だけである程度カバーできると思いますので皆様自身で良い勉強方法を工夫してください。
  • 学習コンテンツ(最短最小の勉強で合格を勝ち取る)
    ※勉強部屋が始まって以来の10年分以上のコンテンツをすべて閲覧することができます
    ■メインの過去問解説➡1週間に1問ずつ進みますので無理なくコツコツ学習できます
    ①詳細な解説記事(根拠となる理由、条文、資料を網羅しています)
    ②動画解説(実際に試験本番を想定して、どのような思考回路で問題を解いていくか、どこにポイントがあるのか、分からなくてもテクニックで正解を導くなど)
    ※難易度の高い問題は「捨て問」でいいと割り切る、同じような問題がしつこく出題される、とれる問題は落とさない
    ■テキスト➡この試験や消費者行政初めての受験生には試験範囲を網羅したテキストがあります
    ①過去問解説と同じく記事による解説
    ②動画による解説(オンライン勉強会でのアーカイブ)
    ※試験に出ないような細かい事については省略しており、できるだけコンパクトにまとめています
    ■オンライン勉強会➡勉強部屋2022では9回開催(1日もしくは半日)
    ①テキストの解説により試験範囲をカバーします
    ②試験対策勉強会は全てアーカイブ配信があります
    ③一次試験直前対策、論文試験対策、2次面接試験対策あります
    ■論文対策
    ①過去の論文問題の解説と論文例があります
    ②会員から提出のあった論文を添削し会員でシェアしています(最近は動画による添削もあります)
    ③論文対策のオンライン勉強会も行っています
    ④論文不合格者については個別にオンラインで論文特訓を行っています
  • 2月の相談実務スキルアップオンライン勉強会のテーマは「製品事故」➡2/19(日)の予定です(2週間前から受付開始)※関連記事「国民生活センター公表資料『スライサーで指先にけがをする事故が多発![2023年1月18日:公表]』
  • 1月勉強会の事前コメントの回答漏れがありましたので2月に取り上げたいと思います。もしかするとサブテーマ継続的なテーマになるかもしれませんが申し込み時にコメントも併せてお願いします。質問内容「現職相談員の方に教えてほしいのですが、初めて相談員になられたとき、どのようなことが大変だったか、慣れるまでどのくらいかかったか、日々勉強はどのくらいされているのか知りたいです』
  • 昨年は2月に第1回目の試験対策オンライン勉強会を開催しましたが、今年度は会員登録がまだ少ないので、第1回目の試験対策オンライン勉強会は3月ごろに開催する予定です。
  • 卒業会員限定・アーカイブ配信】相談実務スキルアップオンライン勉強会 ※卒業会員のページにあります※
    せっかく卒業会員になったのに活用できていないのならもったいないので少なくともスキルアップオンライン勉強会には参加して欲しいと思っています。そこで、当日参加できなかった卒業会員向けにスキルアップオンライン勉強会のアーカイブ配信をお試しで始めることにしました。その場でしか言いにくいことも含まれていますので内容についてはご配慮ください。


【勉強部屋2022の会員の勉強部屋2023の継続についての事務連絡】

  • 2月から勉強部屋2023が始まります。勉強部屋2022の会員は1月末で会員期間が終了しますのでログインできなくなります
  • 残念ながら不合格だった勉強部屋2022の会員は是非リベンジしましょう。気持ちが新鮮なうちに継続の手続きをしてください。
  • 合格された勉強部屋2022の会員は、継続学習・スキルアップ・情報交換・交流等のために卒業会員に登録しましょう。ユーザ ID が変わります。年払いの場合は入金確認後、月払いの場合は即日ユーザーID・パスワードを送付します。
  • 勉強部屋2022の年払いの卒業会員は2月以降の継続の手続きをお願いします(個別にメールしています)。登録フォームから年払いもしくは月払いで登録し直してください。継続されない場合は1月末で会員期間が終了しログインできなくなります。
  • 勉強部屋2022の月払いの卒業会員は特に何もすることなく自動継続されます。退会したい場合は随時連絡してください。連絡いただいた月末で退会手続きをします。
  • 卒業会員で初めて月払いで登録される場合は2/1ににカード決済用のメールを送信します。

  • 勉強部屋2023に向けてコンテンツ等の整理をしていますのでご了解ください。

オンライン勉強会のお知らせ


過去のオンライン勉強会のまとめページ(アーカイブ配信)

管理人

11/20のスキルアップ勉強会で出前講座を取り上げました(管理人研修デモ動画をアーカイブ配信しています)。また、12/18のスキルアップ研修会では「パワーポイントによるスライド作成講座(画面切り替え・アニメーションの活用)」を実践しました。そこで、出前講座の情報交換用のページを作成しました。➡「出前講座の活用情報まとめ(随時更新)」ので活用してください。


2022年度の試験結果について

管理人

・受験報告掲示板には合格者のコメントばかりありますが、「私だけが」と落ち込む必要はありません。残念ながら不合格だった会員もいて、直接結果の連絡をいただいてます。みなさまリベンジを期し、早速継続会員に申し込んでいます。
・点数確認して論文不合格だった会員は、ぜひ再現論文を提出して評価添削を受けてください(応募方法は論文添削に準じます)
➡再現論文(2022年度試験)の提出・提供について(詳しくはこちら

年度申込者数1次試験実受験者数1次試験合格者数1次試験合格率2次試験実受験者数2次試験合格者数2次試験合格率最終実受験者数最終合格者数最終合格率
2022(R.4) 90676529037.9%18917693.1%76427636.1%
2021(R.3) 105887734839.7%22721695.2%88234238.8%
2020(R.2)108094626127.6%13512491.9%93824225.8%
  • 12/22に、国民生活センターHPで2次試験・最終合格者数が公表されています。
  • 実受験者数765人のうち最終合格者数は276人(36.1%)となっていますが、一般受験生(2次受験者)の最終合格者数は176人となかなか厳しい結果となっています(2次免除合格者数100人・旧資格所有者新試験合格者数21人)。
  • 合格した受験生も、不合格だった受験生も、必ず点数確認して報告してください(12/23から照会できます)。
  • 不合格だった受験生は、なぜ不合格だったのかを検証してリベンジしましょう。
  • 再現論文の提供にご協力いただけたらと思います(確定点数と手ごたえ等も含めて)。

今回は現職無資格相談員の会員の合格者が目立ちます(二次免除で合格確定)。会員以外で何度挑戦しても合格できない現職相談員は、その呪縛や呪いから早く解放されましょう(勉強部屋が合格のための最短コース)


勉強部屋2022 1次試験対策(終了分)

論文対策のお知らせ

【論文添削受付開始(8/2)】
2022年度(令和4年度)論文試験 重点テーマ(予想テーマ)
2022年度(令和4年度)論文試験対策・論文添削
2022年度(令和4年度)論文添削一覧(応募受付次第随時更新)

全般的なお知らせ

【会員のみなさまへ】2021年度過去問解説も終わり、2回転目以降、そして2020年度試験以前の過去問を回していると思います。択一試験対策をコツコツしながら、7-8月は論文対策をしっかりやりましょう。


  • 以下は会員以外の受験生向けの情報です ※勉強部屋2022の受付は終了しています。勉強部屋2023は12/1から先行受付開始予定です。

相談員試験が初めて・資格や試験の情報が知りたい

【会員登録受付中】途中からの入会でも問題なく学習できます。それでも早めの入会をおすすめします(できれば遅くても7月中には


今から勉強部屋に入会したなら何から始めるか

  • 今の実力を知るために、準備なしで「2021年度過去問」を解き、答え合わせをしましょう(全体もしくは大問題ごと)
  • 勉強部屋の「解説記事」と「動画解説」により、なぜ、そのような答えになるのかを理解し、あわせて本番での解答テクニックも学びます ※問題1から始めると流れが分かります(論文対策までには2021年度分を1周しましょう)※会員以外の受験生も問題1は全公開しているのでお試しください
  • 【最優先2021年度過去問】1か月程度間をあけて、同じ問題に再挑戦し、間違った問題などを復習します(これを3回程度は繰り返します)
  • 2020年度以前の問題も、年度をさかのぼりながら同じ学習を繰り返します(最低3年分、できたら新試験以降)※年度ごとでもいいですし、問題分野ごとでもいいです
  • 勉強前後の変化を実感しましょう(解答を覚えるのではなく理由を説明できるようになりましょう)※当初40-50%の正答率が80%ぐらいの正答率になります
  • テキストも作成していますが、過去問学習による基礎知識の習得が最も効率的です(関連事項も解説しています)
  • 論文が苦手な受験生は勉強部屋の論文攻略法を使えば合格論文に近づくことができます

勉強部屋2022のコンテンツ一覧

  • 学習の進め方…相談員試験合格のための学習方法、勉強部屋での学習方法をまとめています(一般公開)
    ※新規会員はまずメニューバーの「学習の進め方」を参考にしてください
  • 2021年度過去問解説…勉強部屋2021でのメインコンテンツで、1/31から毎週大問題1問づつ解説します
  • 2020年度以前の過去問解説(過去の資料)…2010年度から2020年度試験までの過去問解説・論文解説・論文添削などをまとめています
  • 動画解説…勉強部屋2019からスタートした動画解説をまとめています
  • 論文対策…論文の基本、過去問解説、重点テーマ、論文添削などをまとめています
  • 二次面接試験対策…二次面接試験の内容、会員からの過去の面接体験報告をまとめています
  • 質問・回答…個別にいただいた質問について記事としてシェアしています
  • 掲示板…会員専用何でも掲示板と受験報告掲示板があります
  • オンライン勉強会…受験会員向け「試験対策オンライン勉強会」と卒業会員・現職相談員会員向け「相談実務スキルアップオンライン勉強会」があります

現職相談員再受験組を含めた多くの受験生から勉強部屋が選ばれる理由

  • 徹底した過去問対策【過去11年間分の過去問解説あり】
  • 40代以上の受験生にも対応【暗記だけではなくイメージで】
  • 相談現場を想定【理論だけではなく現場の実務を交えて】
  • 難関の論文対策【論文添削のビフォア・アフタをシェア】
  • 動画解説による点数の上積み【勉強部屋2019より開始】
  • オンライン勉強会によるリアル学習【勉強部屋2021より開始】
  • 消費生活センター行政技術職員として11年間15万件以上の相談経験
  • 商品テスト担当者として200件以上のテスト実績と事業者指導経験
  • 合格後にも卒業会員としてのスキルアップの場を提供
  • 60代以上で合格を目指すなら勉強部屋が最適【78歳の合格者を輩出

試験対策ポイント

  • なんといっても過去問対策。基礎知識だけでは答えにたどりつきません。試験問題の「くせ」に慣れる必要があります。
  • 受験者の多くは40代以上の女性です。なかなか暗記が苦しくなってきます。60代以上の会員も多く、工夫した勉強方法を(2021年度試験では78歳の合格者を輩出)。
  • 択一試験での高得点者の論文不合格者の声を聞きます。苦手な論文を克服できるような対策を。
  • 膨大なボリュームの専門テキストではモチベーションをキープすることが難しくなります。思い切った取捨選択も必要です。
  • 新試験最初の2年間分(平成28年度・29年度)の試験と旧試験の平成26年度は難易度が下がりましたので、この年を基準しないように。新試験3年目(2018年度・平成30年度)からは従来の難易度に戻っています。
  • 択一試験は65%が合格ラインです。試験要項上の合格基準とも一致しています。
  • 論文試験の採点は甘いと思いますが、不合格者も少なくないので、論文の基本、そして相談員試験で求められている露文が書けるように。
  • 現職相談員は新制度試験合格を求めれています。不合格できないというプレッシャーに打ち勝つために対策してください(特に論文)。
  • 勉強部屋2019から始めた動画解説は点数を上積みする強力な勉強方法となっています。
  • 勉強部屋2021から始めたZOOMによるオンライン勉強会では、リアルタイムでの学習と同じ目標に向かって勉強している仲間との連帯感を生みだし、非常に効果が高いものとなりました。
  • いかに効率よく勉強するのかがポイントです。勉強部屋では圧倒的な勉強時間の短縮・効率化を実現しています。

【参考】1次試験と2次試験それぞれの合格者数 ※2022年度は確定値(12/22公表)

最終の合格者数も公表されました。これまでどおり65%が合格ラインでした。2次受験者も多かったので、今回は難易度の割に点数が取れたということになり、少し驚きです。ただし、合格率が高そうに見えますが、一般受験生にとっては合格率25%ぐらいの体感になります。

年度申込者数1次試験
実受験者数
1次試験
合格者数
1次試験
合格率
2次試験
実受験者数
2次試験
合格者数
2次試験
合格率
最終
実受験者数
最終
合格者数
最終
合格率
2022(R.4) 90676529037.9%18917693.1%76427636.1%
2021(R.3) 105887734839.7%22721695.2%88234238.8%
2020(R.2)108094626127.6%13512491.9%93824225.8%
2019(R.1)110887433738.6%15414292.2%87432537.2%
2018(H.30)1298113628024.6%12312299.2%113627924.6%
2017(H.29)1551138554639.4%19719096.4%138553938.9%
2016(H.28)1714155073847.6%23323199.1%155073547.4%

消費生活相談員の仕事・試験、試験対策講座「勉強部屋」について(相談員試験が初めての方向けの情報)・動画解説あり

勉強部屋では、相談員試験が初めての方向けに、消費生活相談員の仕事や試験、消費生活相談員の資格試験対策講座である「勉強部屋」について、動画解説を含めた記事を作成していますが、トップページでの情報が増えすぎて分かりにくくなったので、別のページに下記の記事をまとめていますので、参考にしてください

消費生活相談員の仕事・試験、試験対策講座「勉強部屋」について(相談員試験が初めての方向けの情報)

管理人

独学で受験対策をするのがきついなあと感じたら、ぜひ勉強部屋で学んでください。大幅な勉強時間の短縮と効率化につながります。いつ入会しても会費は同じなので、できるだけ早く始めることをおすすめします。不安なことがあればお問い合わせください。

このページの印刷画面を開く

MENU